これからの賃貸経営は情報があるかどうかで安定的な収益が得られるかどうかが変わってきますので、これから賃貸経営を始めていきたいとお考えの方はコチラのサイトの情報も是非参考にしてみてください。

将来的に発生することが考えられるトラブルを最低限なものにするために良い入居者を知る賃貸経営

2016.09.12

将来的に発生することが考えられるトラブルを最低限なものにするために良い入居者を知る賃貸経営 はコメントを受け付けていません。

経営している物件が満室だとしても、絶対に収益に繋がるとは言えないのが賃貸経営です。想定されるのは家賃の未払いです。できる限り良い賃借人を見つけたいと、賃貸経営をしているオーナーの多くが望みますが、難しいこともあります。これを解決するのは集客から契約までがとても大切です。

集客だけ不動産管理会社に任せて、入居管理は自分で行う賃貸経営の方法もありますが、ノウハウをつかんでいるのは不動産管理会社になります。保証人のチェックから賃貸人としてふさわしいのかのチャックまで、不動産管理会社に任せることで、家賃の未払いを防ぐことができます。

たとえ家賃未払いが起きたいとしても、保証人や家賃保証会社の担保があることで免れますが、その請求までするとなるとかなり厄介です。やはりここは不動産管理会社に仲介してもらうのが適切な対応をしてもらえます。自分でするとなると難しいことが多いです。

また近隣トラブルを防ぐこともオーナーの役割です。賃料がお手頃で、立地条件も優れているのに、入居者が入っても短期間で出るのは、そのようなトラブルを抱えている物件の可能性があります。長期的な収益を目的としてオーナーになったのに、それが叶わない事にもなり兼ねません。

トラブルを起こしそうな人というのは潜在的に何かを持っており、それを感じるのは長年の経験が必要です。集客から契約、そして入居者管理まで不動産管理会社に任せておいた方が良いです。最初のうちは一任することをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2017年10月
« 9月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031