これからの賃貸経営は情報があるかどうかで安定的な収益が得られるかどうかが変わってきますので、これから賃貸経営を始めていきたいとお考えの方はコチラのサイトの情報も是非参考にしてみてください。

賃貸経営は保険が欠かせないので色々な会社の保障内容のチェックは怠るべきではない!

2016.09.12

賃貸経営は保険が欠かせないので色々な会社の保障内容のチェックは怠るべきではない! はコメントを受け付けていません。

何かあった時に頼れるのは保険であり、もちろん賃貸経営に特化した保険があります。購入する物件は商売道具になりますが、まぎれもなく資産です。その資産に保険をかけないようなオーナーは、失格の烙印を押されてしまいます。必ず適切な保険に加入してください。

まず必須なのが、火災と地震保険です。入居者もそのような保険に入ることを義務付けている物件も多くなっていますが、あくまでもオーナー側の観点としての保険です。賃借人の不始末で火災が起きた以外の想定をしましょう。漏電や放火、もしくは隣人の不始末によって起きた火災を補償するのが火災保険です。

また賃貸経営を行うときにアドバイスをする業者から必ず薦められるので、加入しないようなことは考えられませんが、地震保険はとても重要です。地震が起きた時の火災をカバーしないこともありますので、火災と地震はセットの保険として考えるようにしましょう。

あとは施設賠償保険も大切です。購入した物件は老朽化します。それによって事故が起きた場合、責任はオーナーになり補償義務が生じます。そのようなときにも施設賠償保険があると安心して経営をすることが可能です。その他には家賃補償特約があります。

火災や地震が起きて崩壊し、入居者を入れられなくなったときの収入を保証する特約です。似たような補償として不動産管理会社に仲介してもらったときに、空室が埋まるまで家賃を保証する制度などもあります。保険の種類を見極めて適切な保険に加入するのは、オーナーの義務です。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2017年12月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031