賃貸経営で押さえておきたい4つのポイントを押さえておくことで損をする確率が低減する

これから賃貸経営を始めたい人や興味がある人もいるでしょう。そんな人にこそ、押さえておいてほしい4つのポイントがあります。不動産を扱うことになりますので、特別な知識や経営センスが求められるように感じる人が多いですが、賃貸経営であれば資金さえ確保できれば、収入にすることができます。まずはポイントを抑えていきましょう。

コマーシャル※賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

最初のポイントとしてあげられるのは、賃貸経営の優れている部分のひとつになる何をすることもなく収入になることです。アパートやマンション、または賃貸一戸建てといった物件を所有し、それを賃借人に貸すだけで良いです。不動産管理会社に仲介してもらえば、スムーズに空室を埋めることができます。

もちろん仲介手数料を支払う必要がありますが、面倒なことは管理会社に任せておいて、あとは収入が入るのを待つのが賃貸経営です。面倒なこと手続きや資料作りなどしたくない人ほど、おすすめな経営になります。

2つ目のポイントは空室があれば収入にはなりません。所有している物件に人がいることが収入の条件です。空室になる原因として、立地と賃料が問題になることが多いです。立地は所有するときに良い場所を選べば、それだけで防ぐことができますし、賃料も管理会社や賃貸経営についてサポートする会社のアドバイスを求めれば、適切な料金にすることができます。

賃貸経営のデメリットである空室問題は、事前に解決策がありますので、そこさえ気を付ければ回避することが可能です。立地条件と賃料は空室問題に直結しますので、そこだけは押さえておきましょう。

3つ目のポイントです。災害が起きたり、不慮の事故で賃貸契約をしている部屋に損失があったり、また経年劣化によって物件に手を入れないといけなくなる時もあります。特に災害や不慮の事故は、オーナー側もどうすることもできません。ただ防ぎようはありませんが、保険でカバーすることができます。

火災保険や地震保険に入って、少しでも損失を防ぐことができますので安心してください。保険の種類をよく選ぶことは大切ですが、保険でカバーできることの方が多いです。優れた保険も多いですので、必ず入っておくべきです。

最後はお金の問題です。資金が必要になるのが不動産経営になりますが、賃貸経営の場合は少ない資金でも十分始めることができます。初期費用として頭金があれば良いですが、ローンを組み、余裕を持った返済計画を立てることができれば、無理なく賃貸経営を始めることができます。

意外に不動産素人でも始めることができるのが賃貸経営です。空室さえ埋めれば収入になる単純な経営になりますので、始めやすい経営になるでしょう。